スタッフ紹介

施術者:小池 栄治 (こいけえいじ)

えいじ
 1973年生まれ。
 幼い頃より転勤族である父について方々を回る。
 一応、出身地は佐賀県ということになっています。

 自称、農を愛する鍼灸按摩マッサージ指圧師。

 大学時代は農学部で、本当は地球規模の環境問題を勉強しようと思って入学したはずなのに、地域で有機農業を営んでおられたお百姓さんに影響されて、ローカルな農業志向に転向・・・。

 単に農作物を生産するというだけでなく、その土地の景観だったり、歴史だったり、それらをひっくるめて“文化”を守っている存在が「お百姓」という人々なんだなぁ、と感動したのがきっかけでした。

 農作業は今でも好きだし、農家になりたいと思った時期もあったけれど、農作物相手に"黙々と"、というのが性に合わないと思って断念(^_^;)。
 人と触れ合い、しかも自然について考えられる職業って何?と模索する中で出会ったのが、東洋医学でした。

 しかもその手段って言えば、細い針金のような金属の鍼と、ヨモギを加工して作る艾(モグサ)を使うというもの。
 シンプルだしecologicalでいいなぁ、と思ったのでした。

 シンプル過ぎるだけに、そこに秘められている技術・理論は凄いものがあると知ったのはしばらく経ってからなんだけど。 ~す、すごい世界に飛び込んでしまった・・・~
 後悔しても後の祭り。(後悔というか、むしろのめり込んでいます(*^^*))

 人の身体の不調に対し、臨床を通して『農』のココロを共有できる関係を作っていくことができるといいなぁ、と常日頃から考えています。人は食べなくては生きていけない、となると不調の大きな部分には食生活があるはず、と思うのです。
 食養生、薬膳、漢方、そんな話も含め、東洋医学に触れて頂ければと考えています。

 これから出会っていく人たちと、治療家と患者という関係を越えて、さまざまな話をしていきたいと願っています。


ときどきスタッフ:小池 容子 (こいけようこ)

えいじ
 1976年新潟生まれ。
 18歳まで新潟平野のど真ん中で、両親の作るお米とお野菜で育つ。
 その生まれと育ちのせいか、「食」に関する事に自然と興味を持つようになり、農学部へ。

 学生時代は、学内の街路樹に植えられていた梅や柿、桑の実などなどを加工したり、留学生直伝の本場のキムチ作りに燃えたり、畑をお借りして不耕起栽培のま ねごとをしたり。思い返せば、学業よりも自主的な活動のほうに力を入れていました。でもその経験から、「身近にある食を大事にしたい」「伝えられてきた先 人の知恵をいかしたい」という自分の気持ちに気付くようになりました。

 大学卒業後は、「大地を守る会」 に勤務し、商品のカタログを企画・制作する部署に所属。掲載するために日本の第一次産業の現状や加工品・生活雑貨品にひそむ危険性について学ぶうちに、 「現在の世の中はなんと不安なことだらけなのだろう…」と思いが募るばかりでえしたが、その半面、全国各地で実直に元気に活躍している生産者に出会うこと も多く、その姿に感動する日々でした。

 現在は治療院の補助的な立場ですが、身体は食によって構成されるものですし、身体を大切にしたいと願うなら、食を避けることはできません。学生時代に気付 いたことや、会社時代に得た情報や感動、さらに2年間、週末を利用して中医栄養学の講座に通った知識をもとに、ご縁をいただいた方々の「食」のサポートが できればと願っています。

 ところで、中医栄養学というのは聞きなれないかもしれません。よく「薬膳」と言われているものです。「個人の体質はそれぞれ異なる」「季節によって体調は 変化する」という考え方がベースであり、ここは鍼灸按摩マッサージとつながるものです。治療によって「自分はどんな傾向かな?」と知ることができたら、今 度は毎日の食生活に工夫をする番。お茶を変える、ハーブの香りを加えるといったちょっとの工夫でOKです。「おいしい」という楽しみを盛り込みながら続け てみませんか? 私自身胃腸が弱いことがあり、目下自分の体で研究中です!

食に絡めたよしなしごとを書いています-ブログ

MENU

ご予約はお電話で

 029-859-3648

※治療中や往診移動中で電話に出られない場合がございます。
悪しからずご了承下さいませ。


の場合、2~3日余裕を持ってご連絡下さい。

基本情報

つくば草の根はりきゅう院
住所: 〒305-0043
茨城県つくば市大角豆2012-43


地図をクリックすると大きな地図が出ます。


休診日:原則、日曜日。他、不定休。
時 間:8時~20時
※お仕事帰りや出勤前に・・・などの
ご希望は、お気軽にご相談ください!






















ページのトップへ戻る